moricoトップ > アーティスト > 高山 円 ソーシャルワークオフィス「ふらここ」代表

高山 円 ソーシャルワークオフィス「ふらここ」代表

Q. この仕事を始められたきっかけは?

もともと高齢者の福祉の領域で仕事をしていました。
その時に、お年寄の老後の不安や、家族の問題について相談を受けることが度々ありひとり暮らしの方も多く、家族も疎遠で誰も頼る人がいなかったり。
自分が認知症や寝たきりになったら。。お金の管理やお世話は誰に頼めばいいのか、と悩まれている方が多い事を痛感しました。
介護保険制度も始まったばかりで、旧来の『禁治産者制度』の爪痕も色濃くて、その時はあまり『成年後見制度』って認知されてなかったんですけど社会福祉士を勉強している時に「専門職後見人」と知り合いました。
福祉制度の知識や、社会福祉士の得意とする「相談援助」の技術を活用し独立的にお仕事している先輩の姿に憧れ、自分でもやってみたい!と思ったのがきっかけです。
日本の福祉サービスや制度は、申請主義。自分から声を上げないと、手続しないと利用出来ないものが多いのです。認知症や障がいによって判断能力が低下した方にとって、自分で内容をよく理解し、契約や手続をすることは難しいですよね。
自分から困っているというSOSを発せられる人も少ない。
それで消費者被害に遭われたり、本来得られる制度を利用出来ていなかったりと、不利益を被っている方は多いんです。

Q. お仕事の中で難しいと感じている事はありますか?

ご本人との関わりは、すでに判断能力が低下した時からスタートすることがほとんどで、その方の本当にしたかった事や、送りたい人生を汲み取れまま支援をしてしまう事が多いのが現状です。
関係者から生活歴や暮らし方、言動などをよく聞いて、ご本人にとっての「最善は何なのか」を常に考えながら支援する、そう思い続けて仕事をしています。
ですが、ヘビーな選択を迫られる事も多く、ご本人を交え、関係機関の方と何回も協議重ねますが、これで良かったのかと、現実は葛藤を感じるところです。

Q. 他にはないサービスやアイディアなど考えている事があったら教えて下さい。

例えば、組織で人の支援をする場合は組織だからどうしても意思決定が複雑になってしまい決定に時間がかかってしまいます。後見活動は柔軟性かつ即効性が求められる場面が多い。
個の活動では、クライエントに「いつでも連絡してください」と、自分の連絡先もお伝えできるし、夜中でも駆けつけられる。意思決定がすぐ出来るのがいい点です。
ただ、個人だと私一人の価値観で動きがちなのと、病気ができない。あと、質の維持的にも対応出来る人数に限度があります。
今、当事務所のスタッフは自分だけなのですが、ゆくゆくは法人化して色々なスタッフが関わり話し合いしながら安定的に後見人活動をしていきたいですね。現代は高齢社会にあって家族が分離してしまって、地域からも孤立してしまう。後見制度を必要とする人は本当に多いのです。

Q最近、感動したことは?

「感動」とは違うかもしれませんが。。。
今、94歳の危篤状態にある方女性の方なんですけど彼女はもともととても猜疑心の強い方で、施設の制服を着てる方は受け入れる、でもその他の人はみんな「帰れ!」みたいに追い返す。5年のお付き合いの私にも、もちろん「帰れ!」感情の条件反射だったんです。
人と人のコミュニケーションが取れてないなぁと思っていたんですけど。
体調を崩され入院となり、お見舞いに週に1度くらい行っていました。
今まで「帰れ!」と言ってたのに突然、手を握ってずっと離さないんですよ。
もう看取りの段階にあるので、ご自分の最後をわかって人のぬくもりを感じたかったのかありがとうという気持ちなのかわからないんですけど。
それがなんか行動として嬉しかった。この仕事をしていて良かったと思いましたね。

ご自分のサイトや紹介ページがあったらアドレスを教えて下さい。

五反田の社会福祉士事務所 ふらここの日記
http://ameblo.jp/akaushi5/

このページのトップへ

morico
〒162-0805 東京都新宿区矢来町121 日幸ビル3F

© copyright morico allright reserved.